気象予報士を目指す人のための応援サイト

ホーム > 予報業務許可事業者

予報業務許可事業者

気象予報士の資格が欲しいのであれば、予報業務許可事業者のことも頭に入れておいて損はないでしょう。きっといつか役に立つときが来るはずです。

スポンサードリンク

予報業務許可事業者

予報業務許可事業者とは、気象庁長官から許可を受けて、気象や地象、津波や高潮、波浪、洪水の予報業務を行う業者のことを言います。一般に民間気象会社と呼ばれているもののほとんどは、予報業務許可事業者であると言ってもいいでしょう。

また、気象予報士の個人営業や、自衛隊や地方自治体などの公的機関が、施設の管理や地域住民の生活や産業の支援などに使う情報を自製するために、予報業務許可事業者となっている場合があります。

許可が必要なとき

天気

予報業務許可業者として、気象庁長官からの許可が必要な場合は、営利・非営利に関係なく、業務として自ら行った予想を、日常的や継続的に他社に発表する場合です。 許可を受けないで予報業務を行うと、50万円以下の罰金になります。

一度きりや、定期的とまではいかない頻度でしか発表しない場合や、予想した結果を、家族旅行や工場の生産管理、交通機関の運行管理などに使う場合、許可は必要ありません。

それ以外にも、他者の発表をそのまま伝達する場合や、それに解説をつけたり、他の地理情報と組み合わせたりして発表する場合も許可は必要ありません。

許可の条件

予報業務許可事業者として気象庁長官から許可されるには、予報の社会的影響に見合った信頼性があり、気象庁の発表する防災気象情報と矛盾しないよほうを安定的に供給できるためのものとし、以下の項目が定められています。

  1. 予報資料の収集及び解析に必要な施設及び要因の保有
  2. 予報業務の目的及び範囲に応じた気象庁の警報事項を迅速に受診できる施設及び要因の保有
  3. 適切な現象の予想の方法の実施
    • 地震動および火山現象の予報意外の予報を行う場合:気象予報士を設置する体制の整備
    • 地震動または火山現象の予報を行う場合:所定の技術基準による予想の実施

許可の際には、登録免許税として、9万円を納めなければいけません。

目的と範囲

目的と範囲を定め、予報業務の許可が行われます。

目的

一般向け予報

マスコミやインターネットを通じて、一般市民の生活に資する気象情報を提供する

特定向け予報

イベント実施の可否、交通機関の運行スケジュールの決定などに資する、特定の事業の運営における利用を想定した気象情報を提供する

範囲

予報の対象となす現象、地域、期間など、提供する気象情報の技術的内容によって設定される業務の種類

スポンサードリンク

特定向け予報

イベント実施の可否、交通機関の運行スケジュールの決定などに資する、特定の事業の運営における利用を想定した気象情報を提供する


ページの上部へ