気象予報士を目指す人のための応援サイト

ホーム > 予報業務許可事業者 > 気象衛星 > 天気予報

天気予報

気象予報士と天気予報は、切っても切れない関係です。

天気予報は、過去のデータや各地の天気や気圧、風向きや風速、気温、湿度などの待機の状態の現況に関する情報を収集し、それらをもとに、当日から数ヶ月先までの天気や風、気温などの大気の状態と、関連する地面や水域の状態を予測して伝えるための科学技術です。

スポンサードリンク

天気があたる確率

天気

天気予報は、この先大気の状態がどう進展するかを見極めるために、特に温度や湿度、風などの大気の状態に関するデータをなるべく多くある眼、気象学を通した大気変化への理論を適用することで予報されています。

現在の天気予報は、大気の状態を数値化して計算機で演算し、これに気象予報士の経験も加味して予想を行っています。 ですが、大気の変化は複雑で、気象変化を完全に理解することは大変困難です。その予報量が増えて行くにしたがい、予測が不正確になってしまいます。

あたる確率は、短期予報で80%近くなっていて、年々確率はあがっていますが、天気予報はハズレたときのインパクトが大きいのが難点です。最近の天気予報は全然あたらないと言っている人もいるようですが、天気予報の的中率は、雨が降るか降らないかできめられていますので、晴れと予報されて実際は曇りでも、天気予報が的中下と言うことになります。

様々な予報

天気予報では、天気だけではなく、その他の情報も一緒に伝えられることが多くあります。地域や季節によって、その予報も様々です。

  • 梅雨入り、梅雨明け
  • 雷情報
  • 海水温情報
  • 海上高波情報
  • 海水対塩分比重情報
  • 黄砂情報
  • 桜島の風向き

冬季生活関連

生活・レジャー関連

  • 路面凍結情報
  • 水道管凍結予報
  • 遅霜予報
  • 紫外線情報
  • 花粉飛散指数
  • 桜開花情報
  • 洗濯指数
  • かけ布団指数
  • 重ね着指数
  • 鍋物指数
  • 不快指数
  • ビール指数
  • 流氷情報
スポンサードリンク

ページの上部へ