気象予報士を目指す人のための応援サイト

ホーム > 気象予報士って? > 向いている人

向いている人

気象予報士に向いている人とは、どんな人のことを言うのでしょうか。

1993年に国家試験がはじまってから、人気の高い資格になっています。転職や就職が目的という人のほかにも、趣味で受験する人もとても多い資格です。

スポンサードリンク

興味がなければダメ

どんな職業にも言えることですが、その仕事に興味がなければ絶対的にできません。気象予報士の場合、天気予報に興味がある人でなければいけないでしょう。

それだけではなく、天気図を読み取ることに興味があったり、数多くの情報を分析し、判断できる力があることが必要です。 また、災害が起こる前に防ぐことも大切ですので、災害が起こる前に察知できる勘も大切ですね。

日々勉強と努力

本

気象予報士という仕事は、日々勉強と努力が必要です。天気の現象は、現在でも分かっていないことも数多くあり、勉強を怠ることはできません。

数多くの資料を見て、そこから天気予報を導き出す力を身につけるためには、日々の勉強と努力、経験を積まなければいけません。


気持ちの切り替えが大事

天気予報は当たることもあればはずれることもあります。はずれたからと言っていちいち落ち込んでいては、気象予報士は務まりません。気持ちの切り替えがスムーズにできる人が気象予報士に向いていると言えるでしょう。

また、天気図と毎日にらめっこをして、そこから天気がどう変化していくのかを読み取らなくてはいけませんので、根気よく考える力も必要です。

理系が得意

気象予報士になるには、理系の知識が絶対的に必要になります。ですから、理系が得意な人に向いていると言えます。

もちろん文系が得意な人でも、頑張って勉強すれば気象予報士になれますし、実際そういう人も大勢います。

理系の人に向いているというだけで、文系でもなれないことはありません。

スポンサードリンク

ページの上部へ