気象予報士を目指す人のための応援サイト

ホーム > 気象予報士になるには

気象予報士になるには

気象予報士になって、天気予報関係で活躍したい!でもどうやったらなれるのでしょうか。

気象予報士になるには、国家試験にパスして、気象庁長官に資格の登録を行わなければいけません。国家試験の前には猛勉強が必要です。人気の資格ではありますが、中々の難関なのです。

スポンサードリンク

どうやって勉強する?

何も勉強しないで、いきなり天気図が読める人などいないでしょう。国家試験に合格するためには、試験勉強が必要です。

勉強方法も人それぞれですね。気象業務支援センターの講習を受けるという方法もあります。

このページでは、気象予報士になるための勉強の手段を紹介していきましょう。

気持ちの切り替えが大事

本

数多くの専門学校の中で、気象予報情報コースのある専門学校があります。気象学や気象予測、気象法令などを学ぶことができ、気象観測実習や、天気予報の実習、天気キャスター実習なども行われています。

昼間のコースだけではなく、夜間のコースがある専門学校もありますので、仕事をしながら資格を取得したい人には便利ですね。ただし、入学金、授業料がかかります。分割で授業料が支払えたり、給付金制度が使える学校もありますので、事前によく調べてから、あれば体験入学などもしてみましょう。

通信講座

専門学校に通う時間がない……だけど独学じゃ自信がない……そんな人は、通信講座を利用してみましょう。気象予報士としてテレビで活躍している天達武史さんも、実は通信講座で気象予報士の資格を手にした一人です。

通信講座は、自宅で自分のペースで勉強をすすめることができますので、自分のライフスタイルに合わせて学習できます。テキストを中心に、総合講座、実技講座、学科講座などに別れています。

問題を解き、添削してもらい、間違った個所や分からなかった個所を繰り返し勉強することによって、知識を身につけていきます。

独学

独学で気象予報士を目指すのは、専門学校に行ったり、通信講座で勉強をするよりも、大変かもしれません。けれど、現在では気象予報士関連の書籍も数多く出版されていますし、実技対策の本まで出版されていますので、以前に比べると、大分勉強しやすくなりました。

参考書を揃える前に、自分の知識がどれくらいのものなのかを確認し、いきなり難しい参考書から始めるのではなく、簡単なものから取り掛かってみましょう。

スポンサードリンク

ページの上部へ