気象予報士を目指す人のための応援サイト

給料

憧れの気象予報士。気になる収入はいくらくらいなのでしょうか。

その前に……気象予報士の資格は大変人気で、その反面、合格率は高いとは言えないのですが、晴れて気象予報士の資格をとっても、必ずしも気象関係の仕事に就けるかと言えば、そうではありません。

テレビなどでコメントを出している気象予報士を見て憧れるかもしれませんが、メディアで活躍している気象予報士は、ほんの一握りなのです。

スポンサードリンク

どのくらいもらえるの?

紙幣

気象予報士は国家資格でもありますので、気象予報士として働くとさぞ給料もいいのではないか……そんな印象を受けます。実際どのくらいの収入があるのでしょうか。

民間の気象会社に入社した場合、平均的なサラリーマンとそれほど差はありません。推定での初任給は18万くらいでしょうか。気象庁は国家公務員ですので、公務員なりの収入になります。気象庁で働くためには、気象予報士の資格の他に、国家公務員の資格も必要になります。

気象予報士の資格をとり、お天気キャスターになりたいと夢見ている人もいるでしょう。お天気キャスターの平均収入は、年収で約600万円くらいだそうですが、資格を持っていれば誰もがなれるわけではなく、需要も少ないので、お天気キャスターになれる人は極めてわずかと言えるでしょう。

気象予報士として収入がある?

資格をとって気象予報士として働きたいと思っていても、中々思うようにはいかないようです。資格は持っていても、気象関係の仕事につながる人はごく一部のようです。

だからといって、気象予報士が活躍する場は、気象業界だけではありません。アイスやビールなどを販売する飲食業業界や、天候に売上が左右されるスーパーなど、業績が気象現象に響く業界でも気象予報士は活躍していますし、天候がまともにお客の入りに響くレジャー業界では、気象予報士の資格を持っていると、資格手当てが支給される企業もあります。

資格は無駄じゃない!

気象予報士の資格をとっても、気象関係の会社に勤めることのできる人は、全体の1割程度しかいないでしょう。

だからと言って、資格をとることが無駄なことではありません。 資格を持っているからと言って、必ずしも気象関係の会社に勤めなければいけないものでもなく、現在世界的に言われている環境問題や災害などについても、気象予報士の資格が生かされることもありますので、決して無駄な資格ではないということです。

スポンサードリンク

ページの上部へ