気象予報士を目指す人のための応援サイト

ホーム > 気象予報士になるには > 給料 > 費用 > 勉強方法 > 国家試験

国家試験

気象予報士の資格をとるための試験は、国家試験になります。この国家試験に合格し、気象庁長官の登録を受けて、はじめて気象予報士として働くことができます。気象予報士の資格取得者は、男女比で9:1ですが、実際は女性の取得者は1割にも満たない数です。

スポンサードリンク

試験の日程

気象予報士の国家試験は、法律で年に1回以上と決められています。現在では、1月下旬と8月下旬の年2回行われるのが通例になっています。合格率は平均5%ほどになります。

受験地

鉛筆と消しゴム

国家試験が行われるのは、6都道府県、8ヵ所で行われます。 北海道、宮城県、東京都2ヵ所、大阪府2ヵ所、福岡県、沖縄県になります。

費用のページで書き忘れてしまいましたが、近くに受験地がない場合、そこまでの交通費もかかるでしょう。受験地まで遠い場合、それなりに交通費もかかってしまいます。


資格と受験料

気象予報士の受験資格は、特に制限はありません。これまでの最年少記録では、中学校1年生が資格をしたのが最高記録です。実力があれば、年齢に関係なく受験することができます。受験料は11400円になります。

試験科目

試験科目は学科試験と実技試験の2つに分けられています。学科試験はさらに2種類に分けられています。仮に、試験を受けてどちらかが合格してどちらかが不合格だった場合、それから1年間は、合格した科目の試験が免除されます。

学科試験
(多肢選択式)

  1. 予報業務に関する一般知識

(60分)

  1. 大気の構造
  2. 大気の熱力学
  3. 降水過程
  4. 大気における放射
  5. 大気の力学
  6. 気象現象
  7. 気候の変動
  8. 気象業務法その他の気象業務に関する法規
  1. 予報業務に関する専門知識

(60分)

  1. 観測の成果の利用
  2. 数値予報
  3. 短気予報・中期予報
  4. 長期予報
  5. 局地予報
  6. 短時間予報
  7. 気象災害
  8. 予想の精度の評価
  9. 気象の予想の応用

実技試験1・2
(記述式)
各75分

  1. 気象概況及びその変動の把握
  2. 局地的な気象の予想
  3. 台風等緊急時における対応
スポンサードリンク

ページの上部へ